『本せどりだけで ほんとにそんなに稼げるの? ってコメントもらいましたので日記書いたよ』

こんにちは、はげぱぱ佐藤です。

先日のブログにて 月商120万でおよそ粗利45万くらいですって書いたら

本当にそんなに稼げるんですか?ってコメントが来ました。

そのブログはこちら

→ 『ブックオフせどり (寄り道遠征だらだら仕入れ日記) 2018年2月20日 4日目前編』

 

粗利45万はそんなにか?って思いましたが・・・

もっとたくさん稼いでいる人いるでしょうに・・・

俺なんかしょぼすぎてちょっと恥ずかしいよう・・・・

もしかして私を辱めるための挑発か?・・・・

 

自分は本せどりがメインなので

(新品せどりの なごり品はありますけれども)

売上の99%が本によるものです。

 

あまりにもしょぼい実績なので普通であればこんなのは公開しないと思うのですが

 

稼げるよーって言っている人の中には実績を公開しない人が結構いたりして

 

それではリアリティーがない!

胡散臭い

っていつも自分で思っていた事だったので

 

リアルな現実を今日は公開したいと思いました。

たぶん今後こんな事はしないと思うし

仮に高い利益が出たから どうだ!って感じで日記にするのもなんかカッコ悪いので

たぶん最初で最後になると思います。

 

もっと業績の良い月(12月)とかの方がインパクトあって夢もあったりするのですが、

それでは現実を見せますと言って

『実は・・・みたいな感じ』なってしまい

只々、期待をふくらませるだけになってしまうので 平均的な実績をチョイスして公開する事にしました。

 

先月(2018年の2月)の実績です。

 

「 アマゾンの売上ダッシュボード 」

本・洋書の売上が99%になっていますよね

去年の12月なんかも99%だったしー

ほぼ本です。

「 価格改定ソフトでの利益管理表 』

 

一つだけ誇張したなって感じているところは

120万で45万じゃなかったなって事。

2月は 138万で 45万なので・・・・

でも言い訳をすると、2月と8月は閑散期と言って一年間で物が売れにくくなる月にもあたります。

なので、若干利益率を落とすなどして売上を確保していくのでこんな感じになります。

去年の売上とかなんとか100万いってる感じですよね

私の場合の粗利率は1年間を通して考えるとおおむね35%くらいが平均になります。

ちなみに新品せどりをガンガンやっている時は20%くらいでした。

 

売上管理に関して自分は、価格改定ソフトの(マカド)というソフトを使用しています。

マカドについてはまた別の機会にでもご紹介します。  ←クリックするとマカドのサイトに飛んでいきます興味のある方はどうぞー

ちなみに紹介するのは気が向いたらですけど・・・

 

売上ダッシュボードの金額と売上金額がちょっとずれているのがいつも気になっているところですが、これは返品が行われた場合の際のデータ読み込みの誤差による事が多いので

最終的には合ってきます。

2月中に注文されて3月発送とかの場合や途中で返品になった場合なども多少違いますね

 

という事なので売上金額についてちょっとずれていてもご容赦下さい。

 

アマゾンにも価格改定機能(無料)があるので価格改定にはそれだけでも良いのですが

やっぱり商売をしている以上はちゃんとお金の管理をしていかないと

立ち行かなくなってしまうという現実があります。

けっこういい加減なおっさんですが、最低限のところはやっていますよー

 

このマカドを導入するにいたるまでは、エクセルで売上管理や利益計算などを行っていました。

ただし、出品点数が1000を超えると手動での価格改定はもちろんの事利益計算にかかる時間も結構大変になってきます。

手動の時は1日2時間とかかかった時もありました。

 

ということもあり 色々なサイトを参考にして現在使用している(マカド)を導入するに至った訳でございます。

1ヶ月間無料というのが大きかったのですが

無料ならとりあえず使ってみてダメだったらやめればいいか!って感じで導入しました。

 

あいかわらずもって 動機がいい加減ですが・・・・

色々と考えて悩んでいる暇があれば行動してみるって感じです。

 

導入後には念のため3ヶ月くらい自分の管理している利益管理表との

利益額の差を確認しながら様子(挙動も含め)をみてみました。

 

特に問題点等は感じなかったため3ヶ月以降はエクセル管理していたのをやめて

こちらのソフトを使って日常の売上管理を行うようにしました。

 

導入してから、毎日30分~1時間かかっていた売上管理等がなくなり

その分他の作業に使える時間ができました。

けっこうこれは大きくて、単純計算しても1ヶ月で30時間以上になります

月4800円なのですが

『もっと早く導入すれば良かったー』って思いましたね。

 

マカドでは仕入金額と販売金額および費用が予め計上できるため

商品登録時にこれらの金額を入力しておくと販売後に自動的に

マカドが計算してくれます。

 

自分の場合は、費用に 配送費用、梱包資材費、労務費、光熱費

などを予め入力しておいてます。

費用は一括入力となるので費用計上する時はそれなりにテクニックが必要ですが

一度自分で決めてしまえばなんて事ありません

*労務費などは作業内容によって仕事量が大きく変化すると思うので

最後に費用計上したほうが良いかもですが、自分の様にエクセルで管理して

いた方であれば月当たりや日当たりの平均値が算出できると思うので

利益を直感的に把握したい場合はできる限り費用計上しておいた方が

実質の利益をつかみやすくなり、毎日のモチベーションがあがりますよー

 

自分の場合は、月末に粗利から仕入時にかかったガソリン代と仕入時の食費代および

車両の減価償却費用を差し引き労務費の差額調整を行うと利益額がわかる様に

してあります。(最終的にはエクセル管理です)

 

このあたりは、個別に費用計上しにくかったのでマカドの経費には

組み込みませんでした。

 

2月を例にとると

粗利 ¥449,052 ー 47,892 = 401,160円となりました。

ここから、社長(奥さん)に上納金を収めると残ったのが私の取り分となります。

 

ただね、この収入を得るためには

仕入して、出品して、納品して、発送して、経理管理して

パートさんからイジられて と・・・・・

 

けっこう大変でしょ!

 

メリットあるとすれば、自分の時間は自分で使用する事ができる事くらいかな?

まー 普通のサラリーマンさん程度の収入はあると思いますので

時間に縛られるのが嫌な方にとってはこういう生き方も有りかなって思います。

 

ほんとに稼げるの?って話題からだいぶそれましたが

ちゃんと稼いでいますが

それなりに大変だし

って事が伝わればいいなー

〇〇さん 伝わった?

 

その他にも要望あれば 応えられる範囲で応えますので

質問欄から気軽にどうぞー

 

今日のお話はこれくらいで

ではでは・・・・

 

 

追伸

来年からは消費税を納めなくてはいけないので

毎月貯金(プール】しておかなくてはいけません・・・

*年間売上1000万以上の場合は消費税の納税義務が発生します。

そしてFBAの手数料も値上げ

ブックオフも閉店ラッシュ

 

ネガティブ要素ばかりだけれども

これでライバルが減ります

前を向いて行きましょうね

 

今日の順位は何位でしょうか?

クリックお願いいたします。


せどりランキング

・私とLINE友だちになっていただいた方には
「せどり初心者のための考え方」という動画を無料でプレゼントしております。
 
この動画を見ればせどりの効率的な考え方のヒントになります。
 
そして、ライン@では仕入れ実況をやっていたりします。
今後のせどり情報を見逃すことも無くなりますよ。
私の仕入れしているセットコミックのタイトルなんかも暴露してたりしますので気軽に登録してみて下さい。
 
詳しくはこちらを見て下さい。

『 LINE@はじめました。 特典動画付きです』

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です