本せどりを勧めるのには理由があります

こんにちは、はげぱぱ佐藤です。

今日のお題!
本せどりを勧めるのには理由があります

 

昨日のお話で 『 人が集中する物は価格競争が起こるから、その辺りを考えて動いたら良いよ! 』っていう事を言いましたが

今日はそれを自己矛盾かよって思われるくらいの事をお話していきます。

 

ポイント!
情報収集の基本は沢山の人が求めている物を探せ!

おい!おい! だから昨日は皆が見ている物と同じことをやると大失敗するって言ったじゃん!

で、今日はそれをやれっていうのかよ!

はげぱぱ佐藤
はいそうです!

 

このおっさんもうだめだね!って思ったそこのあなた!

話は最後まで聞くもんですよ

 

まぁ 騙されたと思って次のリンクをクリックしてみて下さい。

*アフィリリンクとか怪しいサイトとかではないのでご安心を

https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/ref=sv_b_3

 

はい? このランキングがどうかしましたか?

これ皆が見てるやつだからダメなんじゃない?

あなた昨日言ってたじゃん! たくさんの人が見ている物と同じもの見るなって!

はいはい 言いました。 でもよーく考えてみてくださいね。

 

はげぱぱ佐藤
これって、誰が見ていると思いますか?

 

せどらーでしょ?

 

まー確かにそうですがせどらー以外も見てますよね?

それって?   はい、購入者さんです。

 

テレビとかでやる書籍売上げランキングです。

これは、売上ランキングなので一般の購入者の方が参考にしたりします。

 

ランキングが上位になるほど、注目を浴びてて、売れてるっていう事になります。

 

せどりで儲けるためには、需要の高い物を沢山安く仕入れて高い値段で売るっていうのが一番稼ぎやすい形ですよね?

だから、需要が高い商品を探す事はとても大事な事なんです。

 

それをふまえて、昨日のケースと比べると違いがわかりますか?

 

昨日のプレステ4については、ある特定の人間が発信した情報である事に加えて、ある特定の条件下(市場供給量がコントロールされている)において成立した場合です。

一方、今日のラインキングは多数の人間の行動の結果導き出された情報です。

 

ちょっと強引気味な感はありますが、私が言わんとしたい事わかりますか?

 

A :ある特定の人間だけが発信した情報や市場供給量が意図的にコントロールされている場合などに起因する情報

B :様々な需要と供給行動によって結果導きだされた情報

 

質が高いのがどっちか?っていうは言われなくてもおわかりですよね?

 

「 そんなの言われなくてもわかります! 」って画面の前で言われてそうですが

この違いってかなり違うのでほんと 意識していないとごちゃごちゃになってしまうんですよ。

 

ましてやせどらーさんだったら、なおさらです。

身に覚えはないですか?

あなたは大丈夫ですか?

 

◯◯さんが、 これ良いよーって言ってたらか仕入れるか!

その◯◯さんが ヒカキンさんとかみたいなインフルエンサーならまだしも

どこのだれだかわからないちょっとだけ有名な情報発信者だったら どうなると思いますか?

 

そう、群がって 価格競争の後 損切り ですよ。

 

あなたも経験あるでしょ!

そんなに読者さんのいない私でさえ 動画で商品タイトル出したら あっという間に利益の出ない商品になってしまった事もあるくらいですから

 

だから、情報収取っていうのはそういう情報発信者が発信している情報だけじゃなくて、客観的に市場でその商品がどの程度需要があって

そしてそれに対してどの程度供給量があるか?

そういった事を考える必要があります。

 

このあたりは新品せどりをやっている人はけっこうシビアに考えなくちゃいけないと思いますし

稼いでいる人ほど、市場にある在庫量を確認してそれを全部買い占めるような対策をとっています。

 

昔私が新品せどりをやっていた頃に入っていた塾なんかでも、講師の先生は

メーカーや販売店および問屋に電話かけまくって市場在庫をあらかじめ把握して

そこから一気に買い占め(アマゾン刈り取りも含めて)を行なってから あとはゆっくりと販売するっていう事をやって

仕入2000円くらいのカードゲームを4000円位で販売しまくってました。

なんて言っておりました。

 

なので、情報収集ってそういった部分も含めて把握して その情報量が多いほど価格を上手くコントロールできる事に繋がります。

 

で、ここまでなんかよくわかりずらくて抽象的なお話をしてきましたが

ここからが本題です。

 

じゃあ、本せどりもそんな感じでやらないといけないのか?

はげぱぱ佐藤
いいえ そこまで神経質にならなくても本だったら案外適当でも大丈夫です

適当でも大丈夫って! それあんまり無責任すぎやしないかい?

 

まぁ 確かに適当にやりすぎると毎回毎回損切りして儲けなんてまったく出やしないし

ちゃんとモノレート(相場や他の出品者の増減)を確認しないとエライ目にもなりますが

 

本の利益率ってどの程度かご存知ですか?

だいたい30%以上なんです。

1000円売上げたら300円は利益になるって感じです。

なんかしょぼいね?って思う方は

じゃあ、500,000円売り上げたらいくらになります? 150,000円利益です。

 

一方新品せどりですが、私の経験上利益率は10%くらいです。

20%くらいとか言ってる方がいますが、その方はほんと優秀だと思います。

 

新品だと 100万円売って 利益10万円です。

 

お金持ってる人は良いけど 持ってない人はキツイよね?

せどりをはじめるきっかけって お金儲けがほとんどですよね?

だから、最初のうちはこうやって利益率の高いやつを扱ってリスク少なく始めるのが一番良いって思うんですよ。

それに加えて新品やれば良い!

リスクヘッジしつつお金を増やす!

 

ちょっと話がずれましたが

本の場合は利益率が高いのが多く飽和はなかなか難しいです。

なにせ、毎日新しい本が100冊以上出版されていると言うんですから

信じられないとおもうのであれば 毎日どのくらいの本が出るの?ってグーグル先生に聞いてみて下さい。

近年は電子書籍化が進んでいるので年々少なくはなってきているというものの

まだまだ供給過多の状態です。

 

なので、仕入ができなくなるという心配は当面なさそうですし

実際に販売した結果30%以上の利益率が確保できるという現状を考えると、多少的が外れたとしても大損しないし、損をしたとしても他でカバーできるなーっていう事もわかっていただけるかと思います。

だから適当でもなんとかなってしまうという現実があります。

 

ただし、1つだけ稼げない要因としてあるのが

見つけられない と 面倒くさい と 利益額が小さい

この3つの要因により本せどりは儲からないっていう印象をもたれるんでしょうね

 

たしかに、新品せどりと比べると 仕組み上儲ける額は少ないと思います。

作業量も多いですし、それにも限界があり

1つの商品を販売しても 利益額は小さいですからね

 

じゃあなんで 本せどりを推すんですか?ってなるかもですが

 

それは、さっきも言いましたが、本せどりは

その1  利益率が高い

その2  供給過多状態(仕入れが出来ないという事は皆無)

その3  挫折する人が多い

これが、本せどりです。

 

一方、新品せどりは

その1  利益率が低い(仕組みにより大分変動する)

その2  供給量は限られている

その3  資金量が物をいう

 

リスクが高いと感じるのはあなたにとってどっちですか?

これからせどりを始めてみようっていう方は、新品やるな!とは言いませんが

本せどりも一緒にやってみる事をお勧めします。

 

そして、実践した結果あなたが一番利益を残せているのは何だろうって確認してみて下さい。

けっこう本せどりは健闘している筈ですから

 

という事で、今日のお話はおしまいです

自分で書いていても何が言いたいのか良くわからない記事になってしまいましたが

今日のところはアップしておきますが、後になって気に入らない場合は削除しようかとおもうレベルの記事です。

 

でもこうやって毎日毎日記事を投稿していると

最初よりはすらすら原稿が書けるようになってきましたし

反応も以前よりも良くなった様な気がしております。

 

何事も継続って難しいですが、とにかく続けてみると その先にはちゃんと得られる物はあると思います。

たぶん今日の記事はこの事を言いたかったんだと思う次第です。

 

ではでは

 

 

 

追伸

最近 ブログランキングボタンの設置を辞めてみました。

理由は?

しばらく辞めて突然付けたらどうなるか?っていう理由です。

そのうちつけると思いますので

押したいなーなんて思っている気さくな方がいたら

その際は思いっきり押してやって下さい。

 

今日の記事が良かったら

↓ の方にある広告をポチッとクリックしてくださいね

いわゆるグーグル・アドセンスっていうやつです。

みなさんのクリックで私に10円くらいは入ってきます(笑)

クリック増えれば無料でどんどん記事増やしていこうと思います。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)