こんにちは、はげぱぱ佐藤です。

 

今日はいよいよヤフオク出品の作業手順のお話です。

 

昨日までは簡単に言うと

・出品ルール

・商品説明

・商品タイトル

までをお話しました。

 

今日は商品説明に欠かせない写真撮影からお話していきます。

ヤフオクでは写真の見栄えがとても大事になります。

 

商品タイトルと写真さえしっかりしていれば

ヤフオクでは売れます。

 

それくらい大事なのが写真です。

 

じゃーどんな写真をとれば良いのか?って話になりますが

 

必要な機材は? どんなカメラが必要なの?

一眼レフとかじゃないとだめなの?

 

いえいえ、そんな事はありません!

 

スマホのカメラで大丈夫です。

スマホが無ければ、古いデジカメでもOKです。

 

デジカメを持っていない人はとりあえず

ヤフオクで『デジカメ』って入力してみましょう

性能の良いデジカメが格安で出品されてます。

カメラの準備ができたら次は撮影場所のセッティングです。

できれば背景は白色で撮影した方が商品そのものが

映えますし、分かりやすい写真が撮影できます。

ちなみに私はこんな形で撮影場所をあらかじめセットしています。

 

・下地はホームセンターで購入した白色のプラダンボール 298円

・サイドのパネルはダイソーで購入した白色ボード2枚をブックエンドで固定した物 432円

・ホームセンターで購入したランプ 580円

合計 1310円です。

 

これをバックにスマホで商品を撮影するとこんな感じ

 

プラダンボールの縦線がちょっと目立ちますが商品は

それなりに映えますので参考にしてみて下さい。

 

できれば、下地はもう少し良い物の方がもっと良いかもです。

また、大きい商品を撮影する際にはサイドのパネルが無いと

回りの壁や不要な物が写りこんでしまいますので必要に応じて

取り付けるようにしましょう。

 

なお、自作するのがめんどくさいって方は撮影キットなるものもあるようです。

 

自分では使用した事がないので使い勝手については何とも言えませんが

ブックオフさんでは結構使っているのを見かけますね。

 

アマゾンで『撮影ボックス』と検索すると色々な種類がでてきます。

結構手頃な値段なので機会があったら購入してみようかなと思います。

 

写真撮影時に注意したい事

・商品の実物を撮影するようにしましょう!

出品する商品はインターネットで検索すると綺麗なカタログなどが

画像データとしてメーカーの公式サイトなどから入手する事ができます。

綺麗な写真の方が良いのに何でだめなの?

 

理由としては、このような画像転載ページは詐欺を行っている事があり

入札する人の中には敬遠する人がいます。

 

実物を撮影する事によって出品商品が手元にある証明になります。

この画像も転載していれば何とも言えませんが・・・

カタログ写真だけよりも確実に反応が良くなります。

どうしてもカタログ写真を載せたい場合は、カタログと実物の写真を

載せるようにしましょう。

 

ここまで準備ができればいよいよ出品作業です。

まずは、ヤフオクにログインします。

 

ログインしたら画面右側の『マイオク』をクリック

 

 

フリマ出品でも可能ですが、今回はオークション形式で出品します。

(フリマ出品はまた別の機会にご紹介します。)

 

今まで散々説明してきましたが、初めての方へ

という項目があるので今回初めて出品する方はこちらをクリック

して各項目の説明を読みながら進めると分かりやすいと思います。

今日は、必要事項や手続きが完了している事として出品を始めます。

と言いたいところですが、これ以上書くと明日のネタがなくなってしまうので

今日はこの辺で勘弁してください。

 

最近このパターンなので

読者さん(← いるの?)に怒られそうですが

禿げ上がっているおっさんがPCの前にすわってタイプしているところを想像してみてください

・・・・・・ なんか かわいそうでしょ

という事でまた明日~

 

ではでは・・・・

 今日の記事を読んでよかったらクリックお願いします。


せどりランキング

友だち追加