『アマゾンに出品してみましょ はじめて編Part2』

こんにちは、はげぱぱ佐藤です。

 

昨日はアマゾンへの商品出品についてお話しましたが

商品出品方法は他にも簡単な方法があります。

今日は、その出品方法についてお話します。

 

今回の方法も基本的な出品方法になります。

 

それでは、前回同様にこちらの商品で出品してみましょう。

 

最初にアマゾンの購入ページを開きます。

 

検索窓の所にカーソルをもっていき、出品する商品をバーコードリーダーで読み込みます。

読み込むと検索した商品がヒットします。

(検索の時は半角にしておいて下さい。全角で読み込んだときはエンターキーを押せば検索します)

 

商品がヒットしない場合やJANコード(日本のバーコード)ISBNコードの無い場合は、商品タイトルを手入力して検索します。

目的の商品が表示されたら赤く囲った場所の商品名をクリックします。

すると詳細ページが表示されます。

私の場合はGoogle Chromeの拡張機能を追加して

いるので皆さんの画面とちょっと違うと思いますが

こちらの拡張機能についてはまた別の機会にお話

させてもらおうと思います。

 

さて、この画面になりましたら注目するのは

画面右側です。

 

こちら・・・

いつも購入する時に表示される

『カートに入れる』 の場所です。

 

一番下を見てください。

 

『マーケットプレイスに出品する』っていうボタン見えますか?

 

このボタンを押してみましょう。

すると画面が切り替わって次の様な画面になります。

 

先日お話した出品画面に近い画面が表示されました。

 

・コンディション

・コンディション説明文

・在庫数

・販売価格

・出品者SKU 自動で生成されますが変更も可能

・配送パターン 出品者在庫を選択すると選べるようになります。(別記事にて掲載するかもです)

・提供する配送オプション  自己発送又はFBAを選択します。

 

最後に『料金を計算』するをクリックすると 手数料が表示されます。

これでよければ『出品を確定して納品手続きを開始するをクリックします。

 

次の様な画面にきりかわりますが続けて出品する場合は

×を押して画面を閉じれば問題ありません。

 

在庫管理画面に戻れば商品が登録されています。

以上で出品完了です。

 

今回もFBA出品にしましたが、自己発送の出品の場合は最後の

提供する配送オプションの際に

『商品が売れた場合、自分で商品を発送する(出品者在庫)』を選択すれば

自己発送扱いとなり出品確定後にすぐ販売開始となります。

 

次にセットコミックの出品についてお話します。

 

セットコミックも今回紹介した方法で商品検索して

商品詳細ページからの出品ができます。

しかしながら、セットコミックの場合は1回の販売のみではなく

何回も販売する事になると思います。

というかそれがセットコミックです。

 

継続して販売していくとある日、2つ以上の商品が

検索にヒットする場合があります。

いきなり最初からの場合もありますが・・・

 

次の画面を見てください。

 

『 蒼天航路 文庫 セット 』で検索したところ

同じ18巻セットでも2種類がヒットしました。

どちらも同じ18巻セットで内容に違いはありません。

 

これは、アマゾンで良くある複数カタログの一例です。

 

アマゾンでは商品カタログを自分で作成する事ができます。

 

なので今回の様な形で同じ内容で2つ以上のカタログが

存在する現象が発生します。

どちらに出品すれば良いかという疑問もあろうかと

思いますが、結論はどちらに出品しても問題ありません。

 

ですが、できれば売上げ実績のあるカタログで

販売した方が良いです。

そこでASINコードの登場です。

 

商品を区別するアマゾン専用のコードがASINコードです。

左右の値が異なっているのがわかりますか?

このASINコードをキチンと把握しておく事で

次回からの商品登録の際に前回と同様の商品を

間違いなく登録する事ができます。

 

ちなみに商品ページの登録情報では

梱包サイズやランキングなどが確認できます。

 

出品者が多い左側の方は価格が安い代わりにランキングが高いです。

出品者が少ない右側の商品は価格が高い代わりにランキングが低いです。

あたりまえといえば当然の現象なのですが・・・

ランキングが高い=売れてる=販売回転率が高い

ラインキングが低い=あまり売れない=販売回転率が低い

という感じです。

 

モノレートで確認すれば一目瞭然ですが

左側の商品の方が圧倒的に売れてます。

でも、高い方でも売れない訳ではありません。

 

商品回転率を上げたい場合はランキングの高い方で出品する。

少しでも利益を上乗せしたい場合は回転が悪くてもじっと我慢して高い方で出品する。

という感じになります。

 

私的には回転の良い方で何度も販売する方をお勧めしています。

それは何故か?

それは販売チャンスが多くなる可能性が高いからです。

仕入れがたくさん出来ても販売しない事には収入へは結びつきません。

2500円の利益1回よりも、1500円の利益を2回の方が結果的には良くなります。

出品者数と販売回数のバランスが大事になってきます。

なのでいくら回転率が良いからといって出品者が増えすぎて価格競争が起こっていて

利益が極端に少なくなる場合などは出品者の少ない方に出品してみる事も戦略として取り入れなければなりません。

 

状況に応じて対応していきましょう~

 

以上が出品方法の説明になります。

先日の方法と会わせてどんどん出品してみて下さい。

 

なお、出品ソフトなどを利用するもっと効率的な出品方法に

ついては又別の機会にお話させてもらいます。

 

今日はここまでになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ではでは・・・

 

追伸

 

最近全国のニュースを賑やかにしている

北朝鮮からの船ですが・・・

自宅から5分の所の漁港に流れ着いた

ってニュースでやっていてちょっとびっくりです。

 

 

今日の記事が良かったら、ポチットお願いします。


せどりランキング

・私とLINE友だちになっていただいた方には
「せどり初心者のための考え方」という動画をプレゼントしております。
この動画を見ればせどりの効率的な考え方のヒントになります。
そして、今後のせどり情報を見逃すことも無くなりますよ。
詳しくはこちらを見て下さい。

『 LINE@はじめました。 特典動画付きです』

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です