秋田・青森 みちのく弾丸仕入れツアー&観光編 その2

こんにちは、はげぱぱ佐藤です。

今日のお題!
 秋田・青森 みちのく弾丸仕入れツアー&観光編 その2 

今日は大館観光の続きからです。

 

一路青森方面へ向かった訳ですが、秋田県大館市から青森県弘前市まではおよそ1時間くらいかかります。

秋田県能代市から 1時間かけて そこでお昼と観光 そしてさらに1時間かけてブックオフ

仕入店舗 ~ 仕入店舗 間が 長い

実はこの移動距離や移動時間だったりが田舎の本せどりの難しいところでもあります。

ちょっと時間がくるうと、移動したけど閉店とかって結構な確率であります。

なので、尚更なんですが 仕入れの時間配分っていうのがとてつもなく大事になってきたりする訳です。

その反面都会に比べてライバルは圧倒的に少ないので、一長一短といったところでしょうか?

 

さて、 青森県へ向かった私達ですが 青森県弘前のブックオフさんへ入店するも

店内を一周して 10分も経たないうちに店を出る事になります。

(私はいとらーさんと別行動でした)

 

え? なんで? と思われるかもですが

 

本せどりでも何でもそうですが、仕入れる物がなければ買いませんよね

せっかく青森まで来たのに!っていう気持ちもありますが、仕入れ基準を落としてとか

いつもは買わない商品を買うとかっていうブレブレの仕入れをやっていると だんだん自分がわからなくなってしまいます。

とうぜんそういう事を繰り返してると、不良在庫を抱えるはめになります。

仕入れが難しい店舗を捨てるっていうのも、全体のパフォーマンスを上げるうえでは大事な選択になります。

 

昨日も言いましたけど、本せどりで難しいのは 『 仕入れすぎない事 』 な訳です。

 

よく仕入れができないっていうお話を耳にしたりしますが、リサーチがしっかりと出来ていれば

こと、セット本に関して言えば 仕入れが出来ないなんてほとんどないはずです。

更に抜け巻の管理さえ効率良くできていれば、カゴ1つパンパンなんてあっという間のはずです。

 

とまぁ私のお説教はさておき

 

そんな、仕入れスルーの状況下においても

これは、仕入れておかなければっていうのも当然あります。

 

例えばこういうやつ

 

 

新装版が出た影響もあってか、以前に比べて値段は下がり気味なんですが

まだまだいけてる、セット本の鉄板商品です。

 

あと、こういうやつも拾いました。

 

いつもよりもちょっと時期がずれてますが

空母いぶきの映画化によって、かわぐちかいじさんの作品がちょっと値段あがってました。

写真はちょっと見づらいですが1-40巻までのセットで4600円

モノレートを見るとちょっと出品者増えてますが、まあまあのお値段でガンガン売れてます。

このジパングは全43巻完結です。

でも、目の前にあるセットは40巻なので普通だったら買っちゃ駄目なやつです。

え? なんで買ったら駄目なの?

 

だって、今人気があって 当然他のせどらーさんも狙っている作品な訳ですよね?

すると、のこり43巻までのたった3冊がなかなか揃わないなんていう事も考えられませんか?

そして、その揃いにくい巻を探しているうちにどんどん他の出品者も増えてくる

すると何が起こってくると思います?

 

そうです! 価格競争!

こういったトレンド要素の強い作品の場合は特にこの傾向が顕著に現れます。

なので、巻数も多いし完結していない場合は残りの43巻まであるのかを先に確認して見つけてから購入する様にした方が確実です。

 

でも私の場合は自宅にこんな感じで持っていたので即購入しました。

利益額的にはちょっと厳しい感じもいたしますが、確実に売れる商品とわかっていれば仕入れはまったく怖くないです。

 

そんでもって、本せどりをしているおっちゃん達はというと今度は本業そっちのけでアパレルせどり始めちゃったりして。

いとらーさんといると なにかと飽きない。笑

さらに、一緒に回っていたノッポさんも 実はアパレル得意との事

どんだけ知識あるのよー って感じ!

新しい物好きな私にとっては、とてつもなく好奇心をそそる内容でした。

 

気がついたら、どんどん買ってるし!笑

私は普段本しかせどりしないんですけど、こうもポンポン仕入れてそれがガンガン売れちゃてる現状を見てしまうと

自分も頑なに本だけに固執する必要もないなーなんて思ってしまいます。

 

 

その後は、弘前市から青森県へ移動

ブックオフ青森石江店さん

 

入店して30秒くらいで いとらーさんがこちらを発見!

 

最近は出品者も増えてきてそれほどインパクトなくなりましたが、108円で揃えばまだまだいける商品です。

 

私も店内をぐるりと見渡して抜け巻をひろっていく感じ

移動距離が長いため、この時間帯になってくると各々のペースで仕入する感じになってました。

そして、21:00近くになって到着した今日最後の店舗さん

残り時間も少ない中で、いとらーさんから活字セットのポイントなどを聞きつつお客さんの少ない日曜日のブックオフを堪能いたしました。

私達含めておそらく10人いなかったと思います。

こういう状況だと周りのお客さんに迷惑にならない感じで仕入れができるので、日曜日の夜とかはお勧めです。

 

店をあとにして、近くのびっくりドンキーにおっさん3人で入店してかなり遅めの夕食

そこでもやっぱりせどりのお話

ぜんぜん飽きない! たぶん変態ゾーンにはいりつつあります。笑

あまりにも楽しすぎて話に気を取られていると とうに 23:00を回っていて

慌てて 青森市からさらに八戸まで2時間近くかけて 今日の宿まで大移動

今日はほんとに移動ばっかりで、八戸に到着したのが深夜1:00近くになっておりました。笑

 

途中 おっさんの遊びに付き合ってたのでこんな時刻になってしまい

「 いとらーさん、ノッポさん 」 せっかくの仕入れの邪魔をしてごめんなさい

今度は気をつけます。

 

という事で1日目の弾丸仕入ツアーはこんな感じでおしまいになりました。

明日は八戸からのスタート!

今回は特に予定は決めていない状況です。

どんな展開になっていくのかはまた明日

という事で明日お楽しみに~

 

今回の スタート地点(ブックオフ能代店) ~ 八戸のホテルまでの距離

なんと 247km

自宅から移動した距離を考えると370kmくらいになります。

はたから見れば、ちょっと変わったおっさんに見えるでしょうね。

でも楽しければOKです。

 

ではでは

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)