『セットコミックって 最近儲からないよね?』

こんにちは はげぱぱ佐藤です。

 

今日はセットコミックについて最近思うことについて

書いていこうと思います。

最後までよろしくお願いします。

 

セットコミックが最近全体的に安くなってきたーって感じがしてます。

去年の今頃はまだまだ高値で販売できていた商品なんかも

ぜんぜんダメになっちゃったのもありますね。

例えばこんなのとか

 

新宿スワン 38巻セット

 

去年の今頃は8000円前後

今年は4000円前後

出品者数は10人程度増えたとはいえちょっと下がりすぎですよねー

 

他にもこんなのも下がってますねー

GANTZ 37巻セット 去年 6500円  今年 5000円

メジャー 78巻セット 去年 13000円 今年 6500円

などなど

 

とくると、 『何でだよー!』 ってなりますよねー

原因はなんだろうな?って考えると ひとつは

『セットコミックは儲かる』という情報発信者が以前より多く見られる様になった事。

それに影響されてセットコミックを取り扱う方が増えたというのが考えられますねー

実際に出品者は増加傾向にあります。

 

もう一つ感じる事は、仕入れする古本店でも後半の巻も108円で比較的購入できる様になりました。

ダブついている感じです。

つまり、需要が下がったか?それとも

以前は108円に回さなかった商品を経営方針の転換により早く値下げするようになったかとか

最近はブックオフさんの業績も悪いというニュースが出ていたりしているので

そのひとつの対策として値下げがあるのかもしれません。

 

色々な原因はあるでしょうが、

いつまでも同じ状況が続いていく

なんて考えではたぶんインターネット業界では生きていけないんでしょうね。

 

以前の私はまた高くなるであろうと思って、しばらく寝かせてみたりもしましたが

ブックオフで頻繁に見かけるようになればそれだけ需要が無いという証拠になります。

そういう状態で寝かせたとしても価格が上昇する事はまずありません。

というか、上がりませんでした。

1年以上寝かせてしまった商品もあります。

この時、身を持って損切がいかに大切かを学びました。

そして、利益の取れる商品は常に変化していくという事も学びました。

 

常に変化していく んです

そしてその変化がとてもとても早いっていうのが インターネットビジネスの世界

なのだとつくづく痛感してます。

 

こんな、変化の早い業界で生き残っていく上で考えなければならないのは

利益商品を見つける事は当然大事なのですが、手持ちの不良在庫をいかに早く処分するか

そして、値下がりしていく商品の損失を最小限にとどめる事になろうかと思います。

 

じゃあ下がる前の兆候はどうしたらわかるのか?

って事になるわけですが・・・

 

私の経験上のお話ですのであまり参考にならないとおもいますがそこはご勘弁ください

という事をふまえて値段が下がる商品の見つけ方についての方法をお話します。

 

それは、最近仕入れやすくなったなと感じた時です。

感じるよりも、数値として明確ならなお良いですが・・・

リアル店舗の在庫状況はすぐにはインターネット上には影響はしませんが

かなりの確立で時間差でインターネットの価格に影響してきます。

つまり、仕入れやすいと感じた時は既に値下がりの可能性が高く

損切りしてでも売らなければいけない商品だと考えるべき商品だという事になります。

 

利益の取れた商品ほどその時のイメージが残っているので仕入れをしたく

なってしまうかもしれませんが、そろいやすいという事は供給が多くなったか需要が減ったかのどちらかと考えるべきです。

 

逆に、利益の出る商品については何件回っても揃いにくい状況で

ネット仕入れや新品を織り交ぜてやっと揃う状況だったりします。

 

損切タイミングはけっこう大事だと自分では思っています。

仕入れも大事だけど見切りをつける方がもっと大事って感じです。

 

でもセットコミック出品している人が増え続けていったら今後もっとだめなんじゃんって言われると思いますが

そんな事はありません

 

セットコミックを続けていくとわかってくるのですが長い巻数の物を揃えるよりも、少数巻のものを数多く

取り扱ったほうが利益が出やすいと分かってきます。← これけっこう大事です。

 

続巻なんかも、どんどん新しい巻が出版されると途端に

価格が下がって売れなくなり、FBAに納品したっものは

一旦戻すか値下げして売り切らないといけません。

 

その反面、少ない巻数の場合は仕入れ原価も小さくすむ場合もあり、リスクも低減する事ができます。

ほんの一例ですが、儲けられるセットコミックはこんな感じで特徴があったりします。

 

仕入れも大事ですし、仕入れた商品をいかに利益を大きな

状態で販売するか?という事も大事です。

仕入れと販売の両輪がうまくかみ合った時のセットコミックの爆発力は結構爽快なものがありますしねー

 

年末のこの季節はとにかく売れる季節ですがセットコミックも 例外なく売れまくります。

 

年明けのセールを待つもの良いですが、

クリスマスのあとの一服感もあって多少は売上げ落ち込みますが

休みに入るここ数日もまだまだ注文が入るので今年中に残っている在庫なんかは売り切ってしまいましょうねー

 

 

今日はここまでになります

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ではでは・・・・

 

 

今日の記事がよかったらクリックお願いします。


せどりランキング

・私とLINE友だちになっていただいた方には
「せどり初心者のための考え方」という動画をプレゼントしております。
この動画を見ればせどりの効率的な考え方のヒントになります。
そして、今後のせどり情報を見逃すことも無くなりますよ。
詳しくはこちらを見て下さい。

『 LINE@はじめました。 特典動画付きです』

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です